2014年01月31日

防犯対策 その2

まだまだ続く防犯対策・・・

とりあえず、”守り”の防犯はできたとして、、”攻め”の防犯対策をしようと考えました。
まずは泥棒の気持ちになって考えてみます。
自分が泥棒なら、光を当てられたり、ブザーをならされたり誰かがいる可能性が少しでもあると嫌なもんですね。
ということで、、、、

まずはセンサーライトをベランダにつけました。

ソーラーで充電できるので初期投資のみでランニングコストはいらないというのが魅力です。
しかしつけてすぐに問題がでました。センサーの範囲が非常に広くベランダの近くを歩行者が通る度、車が通る度に敏感に反応し煌々と照らしていました。これでは歩行者を不快な気持ちにさせたり突然の光で運転手の視界を遮る可能性があると思いしばらく使わないで放置していました。
数日後、説明書にセロハンテープをセンサーに貼る事によりセンサーの探知範囲を狭くすることができると記述されていました。早速貼ったところセンサーの探知範囲は狭くなり、ベランダに近づいたもののみを探知することができました。夜に洗濯物を干すときの照らしてくれるので便利です。

また、玄関のポーチは暗くなると自動的に明かりがつく電球をつけました。
300ルーメン(普通の電球で30W相当)で消費電力は5.5W。ということは5.5Wの電力でで30Wの普通の電球と同じくらいの光を発します。気になるランニングコストは45円/月という事です。


LEDを購入する際にチェックしたいルーメン(明るさ)の比較表↓
blo01_01_02_img01.jpg

さすがLED。これを機に家の電球をすべてLEDに取り替えようと計画中です。
帰りが遅くなったときも鍵穴を照らしてくれるので安心です。

次は人が家にいる演出が必要だと思い、、一定の時間がきたら自動的にライトがつくランプを設置しました。
仕組みはとても簡単です。
必要な物はプログラムタイマーとランプです。


プログラムタイマーをコンセントにつけ、そこにランプのプラグを差し込んでランプを付けたい時間をセットするだけです。

B000FFSOWG_01.jpg

これは安いアナログの製品なので精度は高くなく、毎日誤差はあるそうですが、私はついたらいいやと思っているくらいなので問題なく使っています。
これはランプだけでなく他の電化製品(エアコンなど使えないものもあり)にも対応可能で便利です。

さてここからは妄想編。

●物音を出し、人が在宅しているように演出&家の中を監視。
方法:外出先から遠隔操作で家のパソコンを操作し、パソコンで動画を立ち上げたり音楽をならして音を出す。そしてウェブカメラを使い家の中を監視する。

パソコンへの遠隔操作は"team viewer"というパソコン遠隔操作ソフトを操作したいパソコンと操作するスマホやパソコンにインストールするだけです。個人使用は無料。
パスワードを入力するだけで自分の家のパソコンを遠隔で操作できます。大容量のファイルの送受信も簡単にできるので私は旅行先や出張のときは必ず使っています。
TEAM VIEWER⇒ http://www.teamviewer.com/ja/

しかし実際家の中をモニターした時、誰かうつっていたら怖いだろうな・・。

●人影(動き)を演出
方法:ルンバ上部に空気で膨らます事ができるビニール製の大きな人形をとりつけ部屋を掃除させ誰かがいるように見せる。




しかし、まずルンバを持っていない事、あとなんか間抜けな感じがするので考え中・・・。

我が家に貴重品はありません。ですが空き巣に入られただけでも落ち込みますよね。ということで今後も防犯対策はしていこうと思っています。猫
posted by ミッキン at 23:31| Comment(2) | 防犯系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯対策 その1

ひとり暮らし・・といっても私の場合実家も近いのでよく家族が来てくれるのでずっと一人、、というわけではないのですが、やはり自分の身は自分で守るしかない。防犯対策はきっちりしておきたいと思い、いくつかを実践しました。手(チョキ)

●玄関ドコモ提供
泥棒は侵入に5分以上掛かったら諦めるというのを聞いたことがあるのでまずは入りにくい家にしようと
思いました。
ということで”補助錠”をつけることに・・。
補助錠にも種類があり、私が悩んだのは鍵で施錠するタイプのものと暗証番号入力のもの2種類。
鍵屋さんにどちらがいいかと相談の電話をしたところ「自分で決めてから電話してきて下さい」と一蹴。

気を取り直し考えた末、暗証番号式の補助錠にしました。こんなんです。


これは暗証番号が自分で変更できるタイプです。
付けてよかったと思うことはゴミ出しなど短時間だけ家をあけるときにこの鍵だけして出ることが出来ることです。数十秒の間のために鍵を持ち歩かなくていいのは楽ですね。
デメリットは賃貸の場合、ドアに穴をあけることとなるので大家さんに要相談です。

●窓
空き巣のほとんどは玄関からではなく、ベランダなどからの窓のガラス破りだそうです。カナヅチのようなものやバーナーで焼き切られるらしいです。
img_graph.gif

ということで、防犯フィルムを貼りました。水で簡単に貼れます。


●窓その2
ベランダの掃き出し窓のサッシに差し込んで固定するだけの窓ロックをつけました。100均でも売っていますが結構頑丈なので効果は期待できそうです。

20110319135202.jpg

あとは押すだけで引き戸をロックできる物もつけました。


こんな感じでロックします。とても簡単です。
brico_04515302-102151_1.jpg

こんな感じで鍵系を充実させたと自己満足したある朝、起きたら玄関の鍵が全部開いたまま寝てたことに気がついてしまいぞっとしましたモバQ
posted by ミッキン at 22:01| Comment(0) | 防犯系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

家具選び

家具選びですが、私は本当にゼロからのスタートだったので引越し当日に
慌てて家具を買いにいきました。がく〜(落胆した顔)

ずっと買おうと思ってたテーブルを求めてunicoへ走り、到着したのは閉店5分前。
店員さんに「これ下さい!」と展示されていたローテーブルを指差し注文。
1週間後、届いたテーブル↓
10070000317_sub1_m.jpg

そして一日の内殆どの時間を過ごすことになろうであろうソファは心斎橋の"no yes"さんというソファ専門店で購入することに決めました。約1ヵ月後、ソファが納品されました。↓
7029-1.jpg

しかし!問題が発生しました。あまりに焦っていたため、テーブルと椅子の高さのことを考えていませんでした!
ソファの座面高は42cm, テーブルの高さが37.5cm。なので椅子とテーブルが殆ど同じ高さにあるという
展開になってしまいました。
テーブルと椅子の心地よい関係というのは【座高(身長×0.55)×1/3】−【2〜3cm】=心地よい差尺
だそうです。いす

ということは私の場合、25-26cmくらいということになりますが実際は4.5cmしかない状態となりました。
となると、ソファの脚を短くすることはできないのでテーブルの高さを上げるしかない、、、。
早速ネットで調べたらこんなんがでてきました。
テーブルの下に高さを調整するものを履かすようです。
ひらめき
つくえ.jpg

でもこれはビジュアル的にきついなーモバQと思い、悩んでいたら会社の同僚に偶然にも同じシリーズのテーブルをもっている人が登場!さらに今度 新居に引っ越す際に丁度低いテーブルがいいという事で脚だけを交換してもらえるという大変有難いご提案がありました。ぴかぴか(新しい)

数週間後、無事 脚の交換も終わり今は適切な高さになり、今は快適に過ごしております。
ダイニングテーブル、ローテブルだけでなく、”カフェテーブル”というダイニングテーブルとローテーブルの中間の高さのテーブルがあることもその時に知りました。勉強になりますね。

今回はラッキーでしたが、何もなかった焦りからついつい何も考えずに家具を選んでしまった結果ですね。
何事もLAST MINUTSにする癖がでました。
もし、次こういう機会があれば事前準備はとても大切だなと実感しました。いい気分(温泉)
posted by ミッキン at 20:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。