2014年02月18日

出張あるある

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

私は出張へ行く機会が割とあります。
いつも決まった場所ですが日本や海外、主に東南アジア方面によく行きます。
そんな中、出張あるあるをまとめてみました。

●移動時間の方が労働時間より遥かに多い。
2時間の打ち合わせのために5時間掛けて乗り物を乗り継いだり、満席の新幹線で箱詰め状態になりながら
何時間も必死に行きする。

5318936945_6abafe04be_z.jpg

●会社の上司、取引先の人など、会社にいたらまず一緒に食事をしない人とでも出張で一緒になるとしないといけないシチュエーションとなる。
>これがあると拘束時間が長いですね。一緒に食事をしないと切り出すのはかなり勇気がいりますね。

●部屋が狭い
初めて泊まったビジネスホテルの部屋が狭すぎてスーツケースも全開にできなかった。
>逆にあの狭さの中にベッドや、洗面台、シャワー、トイレまで作るのはすごい技術ですよね。

●部屋が広い
逆に東南アジアなど上記のビジネスホテルとほぼ同額で無駄に広い部屋がある。
一人なのにツインベッドでトイレや浴室がやたらに広い。50u以上ある場合も。
>私のひとり暮らしの家より広いです。(笑)
Superior room 2.jpg

●土日挟んだら恐ろしく暇
日本では買い物や家事、習い事などやることが沢山ある休日も出張先に来た途端何もやることがなくなります。
遊びに来ているんじゃないと心のどこかにあるので何故か羽をのばせない、後ろめたい気持ちも後押しし、結局終日終わったドラマの動画を見ている時があります。

●結構知り合いに遭遇する
取引先は大体が同じ業界、得意先も一緒なのでタイで会った取引先の人をマレーシアの別の得意先でまた会う。関西で取引をしている会社の人に関東にある全く別の得意先でも遭遇するなど・・。
>タイの洪水の時に、昔、別の仕事で一緒に仕事した人と偶然同じボートで乗り合いをしたときは本当に驚きました。

●飛行機降りて携帯電話の電源いれたら同じ人から恐ろしい数の着信があって焦る
大体こういうときはあまりいい連絡じゃないですね。(笑)

●空港で同じ飛行機に乗るバカンスモードの人たちに嫉妬する。
特に東南アジア方面の飛行機では遭遇率高いです。麦わら帽子、マキシワンピにグラサンといった人たちをひどく羨ましく思ってしまいます。心が狭いですね。

などなど、色々ありますがいい事もあります。
それは帰りの飛行機ではおそらく誰よりも自分が一番幸せじゃないかと思えることです。
出張が終わり、家に帰れる幸せを大いに噛み締める瞬間です。

とても小さい幸せですが、大切にしたいと思います。


posted by ミッキン at 23:25| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出張いつもお疲れ様〜。
私たちみたいに根が真面目人間やと、ぼーっとしてていいって言われても仕事中ってのが頭からはなれてくれないよね(-_-;)いま、辛いことはきっと後々良いことが待ってる試練と思ってお互い耐えよ
Posted by なるせ at 2014年02月25日 18:28
出張あるあるおもしろ
Posted by みゆ at 2014年03月13日 00:31
コメント書いてる途中で書き込むおしちゃった顔3(かなしいカオ)顔3(かなしいカオ)
消せないのかしら??
ってか、部屋ひろっ!(((o(*゚▽゚*)o)))
Posted by みゆ at 2014年03月13日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。